MATTER
案件紹介

外資系運用会社 クレジット・アナリスト (シニア & ジュニア)

【シニア】
◎ファンダメンタルズ分析:内部格付モデルに基づく投資対象先(社債等発行体)の事業面・財務面およびESGの観点からの分析、クレジット・レポートの作成(一部レポートは英語)
◎業界分析:業界分析・セミマクロ分析
◎商品性分析:CDS、ABS、資本性負債等への投資にあたる商品性を踏まえた意見表明
◎相対価値分析:金融市場データと上記ファンダメンタルズ分析を総合した相対価値分析、ポートフォリオ・マネージャーの投資判断材料提供
◎その他資料作成・説明:各運用会議等の資料作成・説明(資料・説明は英語の場合もあり)

【ジュニア】
◎ファンダメンタル分析:シニアアナリストが作成するクレジット・レポートの作成補助(一部レポートは英語)
◎業界分析:定量・定性分析の前提となる業界・セミマクロ・EGS分析をシニアアナリストの指示のもとに実行
◎商品性分析:CDS、ABS、資本性負債等への投資にあたって商品性を踏まえた意見表明を行うための事前準備
◎相対価値分析:相対価値分析をシニアアナリストが行うための各種サポート
◎その他資料作成:各種運用会議等の資料作成(作成資料は英語の場合もあり)

【シニア・ジュニア共通】
◎情報収集:IR説明会への参加や、外部リソースとのコンタクト
◎BloombergやQuick等情報端末を用いた日次、週次、月次管理資料や各種説明資料の作成

年収帯シニア: 応相談、ジュニア: 600万~1000万円前後(基本給)

労働条件正社員

応募資格・条件

【シニア】
◎経験年数:金融機関・格付機関等における実務経験が5年以上あることが望ましい
◎業務経験:年金向け国内債券アクティブ運用を行う運用機関でのクレジット・アナリスト経験があれば尚可

【ジュニア】
◎社会人経験があること(金融機関・格付機関等における実務経験が3年程度あることが望ましい)

【シニア・ジュニア共通】
◎資格:証券アナリスト、CFAのいずれかの資格を保有している、または取得のための準備を行っていることが望ましい
◎言語:日本語:ネイティブレベル 英語:ビジネスレベルの英語力が望ましい