CxO・経営人材をお探しの方(エグゼクティブサーチご紹介) 採用企業の方(お問い合わせフォーム) (無料)転職希望・キャリア相談の方【1分】

JP

/ EN

hamburger-icon
閉じる
menu-icon
MENU

IRの転職に必要なスキルとは? 業務内容や転職するコツを解説

IRの転職には多面的で総合的な力が求められます。IRの具体的な業務内容や転職に役立つスキルのほか、転職に成功するためのコツなどを紹介します。 IRと聞くと、株主や投資家、株式市場に向けた広報を担当する部署と思われている方も多いかもしれません。しかし、IRには、広報のほかに経理や財務、セールスなどの要素もあり、非常に多面的で総合的な力が求められる職種です。 この記事では、IRの具体的な業務内容や転職に役立つスキルのほか、転職に成功するためのコツなどを紹介します。 <目次> 1.投資家などに経営状態や財務状況などの情報を発信するIR 2.IRの業務内容とは? 3.IRの転職に役立つスキル 4.IRに転職できる可能性が高い人材とは? 5.IRへの転職を成功させるコツ  

1.投資家などに経営状態や財務状況などの情報を発信するIR

IRとはInvestor Relations(インベスター・リレーションズ)の頭文字を取った言葉で、企業が投資家や株主に対して、経営状態や財務状況などの情報を発信する活動を指すものです。その性質から「投資家向け広報」と呼ばれることもあります。投資家はIR情報を投資の判断材料としています。 企業としても、IRを通して投資家や株主と良好な関係を築くことができれば、資金の調達を円滑化しやすくなるでしょう。また、投資家や株主から指摘された課題をIRが吸い上げて、経営に反映できるようフィードバックすることで、より質の高いビジネスを行うことが可能になります。 幅広いステークホルダーに経営方針や活動の成果を報告することにより、顧客を含めた社会全体からの信頼を獲得することができるようにすることが仕事の主軸です。  

2.IRの業務内容とは?

IRの仕事では、以下の3つが業務の中心になります。IRの転職を考えている方は、これらの業務に関係するスキルを磨いておくと転職市場で優位に働くと考えられています。  

①株式市場や投資家への業績に関する情報提供

IRの仕事には、株式市場や投資家への業績に関する情報提供があります。 機関投資家や証券会社(アナリスト)などに向けて開催する決算説明会での報告のほか、株主総会や会社説明会などで、株式市場や投資家、株主に向けて自社の業績や財務状況、今後の方針などについて報告します。 情報を正しく提供することは、自社への理解者を増やし、結果として企業価値の評価向上を図る上で非常に重要です。また、こうしたミーティングで配布するための報告書やレポートを作成するのもIRの仕事のひとつです。  

②新規株主の獲得

新規株主獲得を目指すのもIRの仕事です。IRは新たな出資を受けるために、一般投資家に向けて説明会を開催したり、自社ウェブサイトやIR情報のコンテンツにおいて投資家向けの情報を発信したりします。 既存投資家への情報発信に比べて、マーケティングやセールスの要素が強いでしょう。  

③経営陣への有益な情報の共有

業界動向はもちろん、株式動向、政治・経済など多面的な情報にもとづいて、市場における所属企業の存在意義を確認するのもIRの大切な役割です。自社の事業計画や経営方針に直結する情報が得られた場合には、速やかに経営陣に共有します。  

3.IRの転職に役立つスキル

前述のとおりIRの仕事内容は多岐にわたるため、活かせるスキルや経験もそれぞれの領域によって異なります。 広報にまつわる仕事にはコミュニケーション能力が必須ですが、扱う情報を理解するためには財務・経理系の知識が必要です。また、新たな投資家の獲得にあたっては営業やマーケティングの知識が役立ちます。 さらに、情報を取捨選択して経営陣に伝える場面や、既存投資家や一般投資家に自社の強みをわかりやすく開示する資料づくりなどでは、ロジカルシンキングも欠かせない要素です。このように、幅広い分野の知見を身につけていることが望ましいでしょう。  

業界に詳しいコンサルタントに無料相談 >

 

4.IRに転職できる可能性が高い人材とは?

IRへの転職が成功する確率が高いのは、IRとしてある程度の経験値を積んだ方です。中途採用では、どの企業も原則として即戦力を求めているため、IR未経験からのチャレンジは厳しいといわざるをえません。 実務経験に加えて、広報、財務、経理といった職種の経験があると、転職できる可能性が高まります。 なお、IRに転職する場合、英語力は非常に重要です。日本株式の3割を保有し、かつ7割の売買シェアを占める外国人投資家を無視してIR業務を語ることはできないからです。影響力の強い外国人投資家と積極的にコミュニケーションをとり、自社の理解を得られるよう、一定レベル以上の会話ができる英語力が求められています。  

5.IRへの転職を成功させるコツ

IRへの転職を成功させるには、以下のポイントを押さえて活動することが重要となるでしょう。転職活動を成功に近づけるコツをご紹介します。  

実務に直結する経験を積んでおく

IRの転職を成功させるには、実務に直結する経験を積んでおくことが大切です。 IR未経験の場合、まずは実際にIRとして経験と知見を積むことがキャリアアップの基本です。社内でIRへの異動希望を出せるようなら、積極的に手を挙げましょう。 社内にIRがない場合、もしくは異動希望が叶いそうにない場合は、経理、財務、マーケティング、広報、営業など、IRに含まれるいずれかの要素を経験できるよう異動希望を出すことをおすすめします。 異動が難しいようなら、まずはこうした職種への転職を挟んで、最終的な目標であるIRへの転職につなげていくのもひとつのキャリアプランの在り方です。  

英語力を磨き、意欲をアピールする

英語力を磨き、意欲をアピールすることもIRの転職を成功させるコツです。 英語力があり、外国人投資家と臆せずコミュイケートできることは、まだIR担当者の数が限られる現状においてはかなりのアドバンテージです。英語力に自信がある方は、書類や面接で積極的にアピールしてください。 「苦手ではないけど得意でもない」というレベルであっても、面接では尻込みせず、「外国の方と会話するのが好き」「現在も英会話を勉強している」といったように、英語でのコミュニケーションに対する前向きな姿勢を示すことが大切です。  

勉強会などに積極的に参加する

IRの転職では、社内外の勉強会に積極的に参加し、人脈も含め、IRの仕事に役立ちそうな情報を収集することが大切です。 IRの仕事では、自社が保有する専門性の高い技術について投資家や株主から質問を受けることもあるため、目指す業界が決まっていれば、その業界の知識を得ておくことも有用でしょう。 インターネットや新聞などのメディアで得られる情報にはできるだけ目を通し、興味のある分野やIRに転職した際に役立ちそうな分野の勉強会にも参加しておくことをおすすめします。勉強会やセミナーで学んだ内容はもちろん、その場で構築した人間関係が役立つことも多いはずです。  

IRに対する注目度は高まっている

日本におけるIRの歴史はまだ浅く、職種自体が新しいものです。知名度もさることながら、会社によっては、いまだにその重要性が認知されず、一般的な広報と同じように捉えられていることもあるようです。 しかし、IRの仕事は企業の株価に影響を与えるともいわれており、とても重要な役割を担っています。今後ますます注目度が上がり、多くの企業が優秀なIRの獲得に本腰を入れることとなっていくでしょう。 タイグロン パートナーズでは、IR業務に知見のあるコンサルタントが丁寧にキャリアをサポートしています。実務経験があり、より高いレベルで経験値を上げたい方、未経験からIRを目指すために最善のキャリアプランについて相談したい方、優秀なIR担当者を採用したい企業担当者の方は、タイグロン パートナーズの無料問い合わせからぜひご相談ください。 転職をお考えの方へ

この記事の監修

小口 敏樹

Oguchi Toshiki


【担当職域】 ・CxO、経営人材 ・社外役員 (取締役・監査役) ・コーポレート部門 (IR、経理財務、広報、人事等) ・投資銀行のエクイティ関連部門 【経歴】 法政大学法学部卒業、マギル大学大学院経営学修士(MBA)。日興證券(現SMBC日興証券)入社。7年間の欧州駐在を含む機関投資家向け日本株式営業に従事。その後、日興ソロモン・スミス・バーニー(現シティグループ)、JPモルガン、ゴールドマン・サックス、バークレイズ、三井住友信託銀行、マッコーリー・キャピタル等、大手グローバル金融機関にてIRサポート業務に携わる。IRアドバイザリー業務を行うTOGコンサルティングの代表取締役を兼務。英語堪能(TOEICスコア955、英検1級)。 【自己紹介】 ビジネスにおいて、常に「Respect」と「Trust」を意識し業務を遂行しております。日・米・欧・アジアパシフィック各地域の大手投資銀行において構築した広範なネットワークが、私の最大のアセットです。約20年間従事した、コーポレートアクセス(証券会社における事業会社に対するIRアドバイザリー業務)での経験を最大限に活用いたします。採用サイドの企業様と候補者様、双方にご満足いただける、CxOや社外役員(取締役・監査役)、コーポレート部門のプロフェッショナル人材のサーチを行います。
Case

転職成功事例