CxO・経営人材をお探しの方(エグゼクティブサーチご紹介) 採用企業の方(お問い合わせフォーム) (無料)転職希望・キャリア相談の方【1分】

JP

/ EN

hamburger-icon
閉じる
menu-icon
MENU

製造業に転職するコツとは?業務内容やメリットも解説

製造業に含まれる企業の幅は広く、多くの方が転職しています。製造業の業務内容や転職するメリット、転職に向いている方のほか、転職を成功させるコツについて解説します。  

製造業に転職するコツとは?業務内容やメリットも解説

製造業は戦後長期にわたり日本の経済成長を支えてきましたが、バブル崩壊やリーマンショックなどの影響もあり、日本のものづくりに対する危機感が高まっています。 しかし、製造業に含まれる企業の幅は広く、すべての領域で業績が低下しているわけではありません。ITと密接に関わる半導体や電子部品、精密部品のメーカーなどは、安定した業績を維持し、多くの人材を募集しています。 ここでは、製造業の業務内容や製造業に転職するメリット、転職に向いている方のほか、製造業への転職を成功させるコツについて解説します。  

製造業の業務内容とは?

製造業は、自動車や自動車部品、半導体、食品、医薬品、化粧品など、生活に密着した製品や部品を製造する業種で、業務内容は企画・研究や生産管理、販売など多岐にわたります。 ここからは、製造業の業務内容のうち工場などの生産現場で行われる作業にフォーカスして、具体的な業務内容を見ていきましょう。製造業の現場の作業工程は、主に「製造・組立」「加工・仕上げ」「点検」「仕分け・梱包・生産管理」の4つに分けられます。また、それぞれの業務ごとに身につくスキルが異なります。  

製造・組立

製造業の業務として、製造・組立が挙げられます。DXによってどれだけ効率化が進んでも、製造業の作業工程には人の手でなければできない作業が存在します。特に小さな部品の組み立てや、繊細で傷がつきやすいパーツの取り扱いは人の手が必要な作業です。製造・組立のプロセスでは、そうした人の手に依存する部品やパーツをライン作業で手早く処理していきます。 一般的には、何らかの加工を施してラインに戻したり、ラインから流れてくる部品と他の部品を接合したりして、全体で1つの製品を作り上げていくことが多いでしょう。一見、単純作業のように見えても、作業をしながら不良品を見極めて取り除くなど、目配り、気配りも求められ、回数を重ねるごとに技術のブラッシュアップが見込めます。作業時間を短縮し、生産性を向上することが求められるため、正確な作業を効率よく進める能力が身につきます。  

加工・仕上げ

製品の加工・仕上げも製造業の業務のひとつです。製造・組立と同様、ライン作業で部品を組み合わせたり、組み立てたりして、製品を完成させます。作業においては、製品に求められる機能を満たすことを第一に、丁寧かつ迅速な手さばきが求められます。このプロセスでは、製造する物によってはんだ付けや溶接といった特殊スキルを習得することもできます。

点検

点検も製造業の大切な業務です。製品は、作って終わりではありません。世の中に出して問題がないかどうか、また期待される機能を満たしているかどうか、最終チェックのために詳細な点検を行います。 点検の内容は、「決められた品質基準を満たしているか」「規定どおりの動作をするか」などさまざまで、目視で行う場合もあれば機械を使って行う場合もあります。専門的な点検スキルが身につくのが、この工程に携わる最大のメリットでしょう。 点検で不備を見逃した場合、重大な事故につながることもあるため、現場では十分な人手と時間をかけて行われています。

仕分け・梱包・生産管理

製造業の業務として、仕分け・梱包・生産管理も挙げられます。出荷に向けて点検が済んだ製品を種類別・用途別に仕分けをして梱包します。 なお、生産管理は、材料の無駄や余剰在庫が出ないよう、契約内容にもとづいて仕入れ量や製品量を決めたり、製造プロセス全体をコントロールしたりする仕事です。    

製造業に転職するメリット

製造業への転職には、どのようなメリットがあるのでしょうか。製造業に転職するメリットを3つご紹介します。

スキルや資格を習得できる

製造業に転職するメリットは、仕事に役立つスキルや資格を習得できることです。 ものづくりの現場で役立つ実践的なスキルが身につくことはもちろん、作業に必要なさまざまな資格を取ることもできます。危険物取扱者、衛生管理者、電気工事士、フォークリフト運転技能者、クレーン運転士、電子機器組立て技能士などはその一例です。取得した資格によっては、その後のキャリアの選択肢が広がるでしょう。

福利厚生に力を入れている

福利厚生に力を入れている企業が多いことも、製造業に転職するメリットです。 ほかの業界と同様に人手不足に悩む製造業では、人材の定着を図るべく福利厚生に注力しています。代表的な事例としては、残業時間の削減、年間休日の増加、育児休暇や介護休暇の取得促進などです。住宅補助や家族手当などが充実している企業も多く、ひと昔前のハードな労働環境とは無縁のことが多いでしょう。 ワークライフバランスを保って働きたい方にも、製造業はおすすめの業界です。

仕事の安定性が高い

製造業に転職するメリットとして、仕事の安定性が高いことも挙げられます。 製造業は、上流工程を中心に経営の安定している企業が多い業界です。専門性が高く、他社が真似できない技術を持っている企業は、競合が少なく景気に左右されにくいといえます。人間の手でなければできない作業も多く、仕事がすべて機械などに置き換えられてしまう心配もありません。

製造業への転職に向いている方は?

製造業に向いているのは、集中力が高い方です。製造業の現場では、同じ部品をずっと見続けたり、同じ作業を繰り返したりといった作業の中で、製品の傷や不具合に目を光らせる必要があるためです。 精密機械や危険物を取り扱う業務も多いため、「手先が器用で、ものを作るのが好き」「細かい作業が得意」といった方も重宝される職種です。最近では女性の比率が高い製造業の現場も増えています。 また、実際に製品を使うエンドユーザーのためになるものづくりがしたい、より役立つものを作りたい、といった思考ができる方は、やりがいをもって長く業界で活躍することができるはずです。  

未経験者が製造業への転職を成功させるコツ

製造業は、未経験でも比較的転職しやすい業種です。以下に挙げる4つのコツに留意して、積極的に製造業への転職にチャレンジしてみてください。

 

転職の理由や目的をはっきりさせる

製造業への転職を成功させるコツは、転職の理由や目的をはっきりさせることです。 「なぜ転職したいのか」を明確にすることは、転職活動をする上で非常に重要です。転職活動をしていて方向性に悩んだときや、複数の企業から内定を得たときなど、転職の理由や目的がはっきりしていればブレない判断ができるでしょう。 即戦力として採用し、長く働いてほしい企業側にとっても、前職を辞めた理由や転職で目指したいことは必ず聞きたいポイントです。企業の印象を大きく左右する可能性もあるので、しっかり整理し、言語化してから転職活動に臨みましょう。  

条件面にとらわれないようにする

転職の目的が年収アップだったとしても、条件面にとらわれないことが大切です。製造業は、前述したように福利厚生が充実している企業が多く、大手企業や有名企業は比較的年収も高めです。中小規模のメーカーでも、優秀な人材を獲得して定着させるために充実した条件を用意していることが多いでしょう。 しかし、「年収が良いから」「手当がたくさん出るから」といった理由で安易に転職を決めると、社風や業務内容とのアンマッチに苦しむことになりかねません。 企業が求める人材像、活躍している先輩たちの雰囲気、社内イベントなどから推測できる社内の雰囲気、入社後のキャリアパスなども含めて、総合的に判断することが大切です。  

20代から転職活動を始める

製造業への転職と、その後のキャリアアップを考えるなら、できるだけ20代のうちに転職活動を始めましょう。製造業のものづくりの現場では、知識や経験に加えて体力が求められるシーンも多いことから、気力・体力ともに充実している若い世代の需要は高くなっています。 自社製品の強みや他社製品との違いにつながる、貴重な技術や知見を伝承する上でも、若いほうがいいと考える企業は少なくありません。30代、40代になるとマネジメントスキルなどが求められる傾向にあるため、現場で活躍したい人、スキルを身につけたい人は早めの活動開始をおすすめします。  

十分な企業リサーチをする

転職活動をする上で、重要なのは十分な企業リサーチです。早期離職に至る原因のほとんどは、事前の情報収集不足にあるといっても過言ではありません。 特に製造業の場合、応募先の企業が手掛けている製品の強み、業界における立ち位置、ものづくりへの姿勢などを知っておかないと、入社後に違和感をおぼえる原因となるでしょう。 また、情報が十分でないと、書類や面接でのアピールも一般的で弱いものになりがちです。どうしても入社したい企業であれば、「どうして他社ではなく、この会社に入りたいのか」「この製品のどこに魅力を感じているのか」「入社して、どんなことを実現したいのか」をしっかり語れるように情報を集めておくのが望ましいといえます。

製造業への転職ならタイグロン パートナーズ

製造業は、世界に誇る日本の基幹産業です。品質の高い日本製品を生産し続けるため、その高い技術を受け継いでいくためにも、製造業に興味がある人には積極的にチャレンジしてほしい分野です。 タイグロン パートナーズでは、プロフェッショナル人材に特化したトップレベルの人材紹介サービスを行っています。 製造業へ転職して日本のものづくりの一翼を担いたい方、優秀な人材を採用したい企業担当者の方は、まずはタイグロン パートナーズの無料お問い合わせからご連絡ください。 転職をお考えの方へ

この記事の監修

小崎 嘉大

Kozaki Yoshihiro


【担当職域】 ・製造業(半導体・CAE解析・ソフトウェア組み込み) 【経歴】 玉川大学文学部卒業。サービス業、外資系医療機器メーカーの営業を経て、大手人材会社であるディスコ(現キャリタス)に入社。広告メディア、採用イベントの営業マネージャーを経て、転職メディア事業、代理店ビジネスの新規事業立ち上げに従事。その後、ジェイエイシーリクルートメントで製造業領域の両面型コンサルタントに転職し、電気、電子、半導体、AI領域を担当。当社でも同様に、製造業領域をメインで担当し、CAE解析、半導体設計、MBD/MBSEコンサル、製造業向けプロセス改善、DXコンサルなどの領域を担当。経営者、CTOクラスとのリレーションをもとに、既にあるポジションだけでなく、新規ポジションの創造を得意とし実績を重ねている。 【自己紹介】 技術やトレンドの移り変わりが早い製造業領域で、最新の情報をもとにご支援をさせていただいております。候補者様とのご面談の際にはできる限り時間をかけて、ご経験はもちろん、ご意向やお考えをお伺いの上で、文化や企業の成長フェーズも加味したベストフィットのご提案を心がけております。また職務経歴書には書ききれない、お強みやご自身の信念なども企業様の経営層の方、部門責任者の方に直接お伝えさせていただいております。候補者の方を200%理解するためにお時間をいただいてしまうこともありますが、ご意向に沿ったサポートをお約束いたします。
Case

転職成功事例